オーナーが語る!「ZX-6R」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

211223_motorepo-zx6r_01.jpg

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。
20210803_bike_search_banner_2x_649_174.png

カワサキ ZX-6R レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「ZX-6R」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけZX-6Rってこういうバイク!!

現在の600ccのレースを見ると、4気筒エンジンは600ccまでが出場できる決まりになっています。そのため、国内の600cc 4気筒エンジンのSSは全てその規定の範囲内で作られていました。全てはレースに出るための仕様です。

しかし昨今は状況が変わりました。600ccのSSの市場が下火になってしまったのです。バイクが売れないのにレースのためだけに作るというメーカーはごく少数です。そのため、このクラスの絶滅さえ囁かれています。

しかし、メーカーはただ終わらせるようなことはしません。600ccの生き残りを各社独自に模索するようになりました。「レースに出るため」という枷を外したのです。ZX-6Rが新たに進んだ道は4気筒エンジンはそのまま排気量の拡大でした。現行モデルは636ccの4気筒エンジンを搭載しています。レースの規定上は排気量オーバーになります。

排気量を上げた理由は公道で乗りやすくるためです。低回転域のトルクを増すことで、公道での扱いやすさを向上させたわけですね。現在の600cc界隈のSSを見ると2気筒もあれば3気筒もいます。そのどれもが公道走行を見越したパッケージングなのですが、SSであるからにはやはり4気筒エンジンで乗りたいというのが愛好家の性です。ZX-6Rが目指したのはまさにそんなところでしょう。公道で扱いやすくしながら、4気筒のSSらしい高回転&高音を堪能してほしいというわけですね。もちろん公式レースに出場できないというだけで、サーキットは攻め込めます。低速トルクが向上した分、小規模サーキットも存分に走れるようになったのではないでしょうか。

webikeユーザーの声を見てみましょう。まずはSSなのにツーリング性能が高いとの声があります。乗車姿勢の設定も絶妙のようです。また、クイックシフターとETC2.0が標準装備なことも評価を得ています。また、これは前型での声でもあるのですが、低速トルクが太いため街中も乗りやすいとのことです。一方、短所として挙げられているのは、やはりSSなので長時間の乗車時に首が痛くなる点。それから足着きの悪さとエンジンの排熱の熱さも挙げられています。SS故の悩みですね。

短所もまとめてみてみると、やはりZX-6RはSSだと実感します。ただ、本当に快適性を求めるなら、Ninja650を選んでください、ということだと思います。SSなのでやはりサーキットが速く走れてなんぼです。ただ、自分の腕はさておき、SSのスタイルに惚れて購入するという人も必ずいます。そんな人もしっかりと受け入れてくれる優しさのあるSSです。

ZX-6Rのざっくりまとめ

良いところ

・ツアラーのような乗りやすさながら、カーブはSSらしくしっかり曲がる
・クイックシフターやETC2.0が標準装備で価格設定も良い
・トルクがあるので回さなくても十分に楽しい

悪いところ

・マフラーが大き過ぎる
・長時間の乗車で首が痛くなる
・排熱がダイレクトに膝にかかる

足つき

ZX-6R_ashi.png
身長166-170cmのライダーの約40%が ZX-6Rの足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

ZX-6Rオーナーの声

購入動機・用途・比較車種 YZF-R7の北米デビューの報を見て、パワーが無くてもハンドリングがスポーティーなバイクが欲しくなった。これ出たら買おうと思っていたがいつ出るんだい?来年?そんなに待てるかな?
そんな折に6Rも乗りやすくスポーティーという事を思い出し、某カワサキプラザへ冷やかしに行く。
いつものことだが、こういう時には間違っても実車に跨ってしまってはいけない。高確率で衝動買いをしてしまうからだ。もう、ただただキツイ体勢だけのバイクはコリゴリだ。そんなことを思っていたハズの自分の思考は以下に続く…
長所・満足な点 ・高回転な四気筒エンジンのサウンドがベリーマッチョ。ZX-25Rを増車しようかなど考えていたが、価格も近いし大型をこれに替えればいいんじゃん。こっちの方が高速もそんなにつらくないだろうし、リッターと違って高回転まで回せるじゃん?
・ミドルSSのクセに乗りやすい。個人的にはツーリングマシンレベル。乗ってやる気の出てくる絞ったセパハンも結構近いので全く苦じゃない。
・YouTubeとか見てたら結構な確率でコーナーで曲がる、タイヤが吸い付いたようなって反響が多かった。自分が欲していたところじゃないか!
・なにこれ?SSのくせに燃料計やら時計まで付いてて一目瞭然。クイックシフター付きでETC2.0まで付いてくる。後から買う必要もなく全部入りでこのお値段。これはもはや買いw
短所・不満な点 SSの中ではあんまカッコ良くないよね。それほどKawasakiに思い入れがないからこの緑は主張し過ぎ。冗談と受け流してたけど、この緑は虫に好かれるらしくやたらと虫がタンクの上を歩いてる。ホワイトもある?なんだこの色のセンスというかバランスは…
今時にこのマフラーのデカさはなんだ?サードパーティーから出てる他のマフラーもみんなデケェーな!
あと、球数の問題もありカワサキプラザでしか買えなかった。せめて購入する選択肢はもう少し増やしてほしい。まぁそれが現代Kawasakiの手口なんだろうけど、ちょとというかかなり不満。
これから買う人へのアドバイス 買ったばかりなので慣らし中。このG型の6Rからスプロケのドライブ側が16→15丁へ変更となり加速重視となった。最高速に興味のない人やミドルクラスまでのサーキットにはうってつけ。とはいえ、さすがにギア比低過ぎ。新車で購入したならば慣らしは覚悟せよ。350Km走行まで4,000回転縛り、つまり6速で60Kmちょっとしか出せない。誰か慣らし運転を代わりにやってくれ~!お金払ってもいいからw
購入動機・用途・比較車種 四十半ばになり、バイクに元気に乗れる時間を考えたら…「今でしょう」と答えがでました。カワサキプラザへ愛車GROMで実車を見に行った翌週には頭金を入れて注文してました(笑)GROMはちょこ乗り用、ZX-6Rは楽しむ用の二台体制です。
長所・満足な点 慣らし終了まで残り僅かになってきました。4000回転縛り・6000回転縛りと慣らを終えてきましたが、街乗りでは6000回転も回れば十分ですが、高速ではちょっと物足りないものでしたが…十分楽しいZX-6Rです。早く梅雨明けして、色んな所へZX-6Rで出かけるのが楽しみです。バイク人生でクイックシフターも初体験でしたが、凄くいい機能です。片手運転をしてもギアを上げれるのには感動します。
短所・不満な点 わかってはいたのですが、やはりSSバイク…長時間運転すると首が痛いです。またエンジン熱風がカウルを伝って足にあたるので熱いです。此はSSの宿命ですね
これから買う人へのアドバイス パワーモードもFモードとLモード、トルコンも3つ、クイックシフターもアップのみですが、乗りだし価格は他メーカーよりもはるかに安い為、差額分でカスタムも出来ます。更にETCも標準装備なので後付け感がない所がいいですね!
購入動機・用途・比較車種 楽に速いバイクが欲しかった、でも1000ccはオーバースペック、出来れば走りに特化した、トンがったバイクの方が面白いだろうと思い、600ccSSとなりました。
どんな使い方をされたか分からない中古車は除外、となると選択肢はZX-6RとYZF-Rしかなかった。同じ値段ならR6即決だっかけど、その価格差と自分の目的には合わないと判断し6Rとなりました
長所・満足な点 万能。
低回転のトルクが凄く太いので、街中で普通に車の後ろを6速で走れてしまう。加速も普通にもたつく事もない。

そして8000回転までが凄く扱いやすく、かつまあまあ速いので目を3角にするのでなければ十分ワインディングを楽しめる。

しかしこいつの本番は8千回転から。一気にパワーが炸裂し、タコメーターの針が素早く反応し出す。反面扱いずらくもなるが、一粒で二度美味しい感じ。

車体も剛性は十分だし、前後フルアジャスタブルサスなので気に入らなければ調整で十分カバーできる

短所・不満な点 R6やリッターSSと比べるとコストは掛かってない、そして先端技術も搭載されてない。
これは6Rが開発にコストをかけていないからなんですが、価格の安いZ900やninja650の方が新技術が使われていたりします。
これから買う人へのアドバイス 6Rは公道で最も速く走れるミドルクラスSSです。速く走らなくてもいい人はCBR650Rやninja650の方が幸せになれます。
YZF-R6は値段の差の分が造り込みに表れています。しかしそれが公道での扱いやすさ、速さに直結するかと聞かれれば、しない。その造り込みは本気で攻めて走る人に応える為のもの、と感じます。だからR6はトンがってるんです。そこが凄く惹かれるところなんですけどね。

以上僕の個人的感想でした。

ZX-6R:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ZX-6Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ZX-6Rの新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「スーパースポーツ/レプリカ✕大型バイク(〜750cc) 」の新車・中古バイクを見る

カワサキ ZX-6Rの価格情報

カワサキ ZX-6R

カワサキ ZX-6R

新車 2

価格種別

中古車 48

本体

価格帯 133.1万円

133.1万円

諸費用

価格帯 8.44万円

8.44万円

本体価格

諸費用

本体

108.95万円

価格帯 61.89~128.4万円

諸費用

8.87万円

価格帯 6.99~22.83万円


乗り出し価格

価格帯 141.54万円

141.54万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

117.82万円

価格帯 84.72~135.39万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る