GSX1300R HAYABUSA、クラッチレリーズをバラしてみた!のお話。

AUTO☆ALPHA KOIDE

  • SUZUKI正規店
  • 公取協加盟店
  • 認証工場
  • 車検受付
  • オイル交換
  • タイヤ交換
  • 修理・点検整備
  • カスタム・取付
  • レンタルバイクあり

2021年07月21日

GSX1300R HAYABUSA、クラッチレリーズをバラしてみた!のお話。

ブログ

GSX1300R HAYABUSA、クラッチレリーズをバラしてみた!のお話。
GSX1300R HAYABUSA、クラッチレリーズをバラしてみた!のお話。
皆さま、こんにちは!今日は、杉本哲太さんのお誕生日!相模原のスズキバイクショップAUTOALPHA KOIDEの三代目です。哲太兄さんです(・ω・)クセスゴでは、ニューヨークのネタを再現してましたが、もうアウトレイジでしたね(・ω・)本当にああいう役が似合うんだなと再認識しました!これからも楽しみにしてます!お誕生日おめでとうございます! 普段の水曜日はお休みの日ブログですが、たまには違うものもいいかなと思い、今日は少し前に書いた作業記事でクラッチフルード漏れの原因だったクラッチレリーズを分解してみます! 汚れがたっぷりぎっしり(・ω・) まずは、ピストンを取り外します! 中にはサビも(・ω・) 汚れも結構ありますね。 ピストンも観察! 観察と言ってもシンプルなものです(・ω・) 裏側?はこんな感じ(・ω・) こちらも汚れがすごいですね(・ω・) 全ての部品を洗ってみます!!! 洗えました(・・) こちらはピストン!綺麗に見えますが、 サビがすごく、磨きはしたもののこんな感じに(・ω・) シールの入っているところは当たり前ですが、ピカピカ! そのシールはと言うと、ギタギタ(・ω・) すじがすごい(・ω・) ケース内も磨いたものの、こんな感じ(・ω・) 定期的な分解清掃の大事さがよくわかりますね(・ω・) すっぽりと(・ω・) と、上にも書いた通り、フルード交換はもちろんのこと、周辺の清掃や定期的なオーバーホール(分解清掃)が大事だなと再認識できました! 交換部品もただ処分するだけでなく、勉強としてできる限り、バラしたりしてます! 色々なケースを見れるので(・ω・)そんなお勉強ブログでした! その時の記事はこちらから  お問い合わせはこちらからメールで問い合わせるLINEで問い合わせるFacebookで問い合わせる  
--------------------------------------------------------------
バイクのある生活、笑顔のある生活、 画像から是非、各アカウントをご覧下さい!
いいね!やフォローは、お気軽にお待ちしております(^^)/ LINE@『恋とも』募集中
下のQRコードより追加をお願いします(*^_^*) 有限会社 小出商会252-0237 神奈川県相模原市中央区千代田1-2-14TEL:042-752-3804FAX:042-812-4674:auto-alpha-koide@jcom.zaq.ne.jp:@mum0968r

アクセス

【住所】神奈川県 相模原市中央区 千代田1-2-14