PAGE TOP

Vol.68 TRIUMPH 最新モデル『ストリートツイン』試乗インプレッション | 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

Vol.68 TRIUMPH 最新モデル『ストリートツイン』試乗インプレッション

投稿日: 2016.02.22 車両: ストリートツイン

  • TRIUMPH_StreetTwin
  • TRIUMPH_StreetTwin

  • bt01
  • bt01
  • bt01
  • bt01
TRIUMPH 最新モデル『STREET TWIN』試乗インプレッション

昨年秋に英国・ロンドンで発表された新型ボンネビルシリーズ。
トライアンフとしては久々のワールドプレミアということで大いに注目を集めたが、その先陣を切って今年1月より国内投入が開始された「ストリートツイン」の試乗インプレッションを、リアルな動画解説付きでモーターサイクルジャーナリストのケニー佐川がお伝えします。

StreetTwin
StreetTwin
【Webikeモトレポート】試乗インプレッションムービー
ツインらしい鼓動感と素直なハンドリング
電子デバイスを得て安心感も大幅アップ

今回、国内投入される新型ボンネビルシリーズは3機種あるが、その中でも「ストリートツイン」は最もモダンなデザインと軽量コンパクトな車体が与えられたモデルである。排気量も900cc(他の2機種は1200cc)であることを考えると、同じモダンクラシックラインの中にあっても、厳密にはややカテゴリーが異なるといってもいい。
ボンネビルと聞くと伝統の重みを感じるが、こと「ストリートツイン」に関してはその名のとおり、街を軽快に走り抜ける今風のライトスポーツ的なイメージに捉えたほうがしっくりくる気がする。

StreetTwin
StreetTwin
完全新設計の並列2気筒水冷エンジン

エンジンはメリデン・トライアンフ以来の伝統的な並列2気筒だが、実は完全新設計である
水冷化されるとともに排気量も従来の865ccから900ccに拡大し、ロングストローク化によって低中速域からトルクがアップ。加えて270度クランクの採用により、一発ずつの鼓動がより明確に感じられるようになった。従来の360度クランクのようなシルキーな回転もそれはそれで気持ちよかったが、やはりバーチカルツインらしい粗粒なパルス感は多くのファンが待ち望んでいた“味わい”だろう。
ちなみにトライアンフのクルーザーラインには、270度クランクを採用するサンダーバードシリーズがあるが、不等間隔の弾けるサウンドはむしろそれに似ている。スペック的には従来モデルより最高出力が押さえられているが、逆にトルクが増したことで瞬発力は従来以上かも。軽量な車体を生かして加速も俊敏だ。

StreetTwin
StreetTwin
現代的な旋回フィールを持つ軽快なハンドリング

ハンドリングは素直で軽快。目線の向くままにラインを描けるニュートラルステアが印象的だ。
エンジンをスチール鋼管で囲むタイプのクレードルフレームも、見た目は同じようだが実はこちらも新設計である。
ディメンションも見直されたことで、旋回フィールもより現代的になっている。自分の記憶が正しければ、従来型ボンネビルよりフロントに接地感が出て、舵角のつき方もより自然な感じになった。従来のキャストホイール仕様が前後17インチだったのに対し、新型ではフロント径が18インチ化され、さら前後の重量バランスを最適化したピレリ製専用タイヤを装備していることも効いているようだ。軽快さに加え、いい意味でしっとり感が出た

StreetTwin
StreetTwin
豊富に装備された電子デバイスの効能

電子デバイスが豊富に装備されていることにも注目したい。スロットルはライド・バイ・ワイヤ方式となり、操作フィールに若干の慣れは必要ではあるが、それ以上に大幅な燃費向上のメリットは大きいと思う。ニッシン製の前後ディスクブレーキはタッチが分かりやすくABS作動時のキックバックも穏やか。トラクションコントロールも滑りやすい路面で試してみたが、万が一のスライド時にはしっかり作動してくれることを確認できた。また、レバー操作を軽くしてくれるアシスト&スリッパ―クラッチは、急なシフトダウン時にエンブレを緩和してくれる効果もあるため、特に濡れた路面などでは安心。トラコン、ABSとともにライダーの心強い味方となってくれる

StreetTwin
StreetTwin

スタイリッシュな多機能メーターやLEDテールランプ、シート下のUSBポートなど、伝統的スタイルの中にもモダンなセンスと最新機能を盛り込んだ作り込みは、さすが英国の誇り、ボンネビルシリーズの名に恥じないものだ。
それでいて、税込100万円を切る価格は大いに魅力的である。

文/ケニー佐川 写真/山家健一 動画/倉田昌幸
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin


StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin
StreetTwin

車両スペック比較

車種名 Street Twin W800 BULLET 500  
メーカー トライアンフ カワサキ ロイヤルエンフィールド -
モデル Street Twin W800 BULLET 500 -
排気量 900cc 773cc 499cc -
  車種カタログを見る 車種カタログを見る 車種カタログを見る  

Street Twinの新着車両

Street Twinの新着車両
  • 本体価格88.00万円(税込)
    2016年   1,812km
    東京都 葛飾区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 葛飾区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 葛飾区

  • 本体価格99.95万円(税込)
     
    東京都 葛飾区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 葛飾区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    群馬県 高崎市

  • 本体価格91.90万円(税込)
    2016年   702km
    東京都 府中市

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 府中市

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 府中市

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 府中市

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    東京都 府中市

  • 本体価格99.95万円(税込)
     
    東京都 府中市

  • 本体価格86.00万円(税込)
    2016年   890km
    大阪府 大阪市鶴見区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    大阪府 大阪市鶴見区

  • 本体価格99.95万円(税込)
     
    大阪府 大阪市鶴見区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    大阪府 大阪市鶴見区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    大阪府 大阪市鶴見区

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    京都府 乙訓郡大山崎町

  • 本体価格99.95万円(税込)
     
    京都府 乙訓郡大山崎町

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    京都府 乙訓郡大山崎町

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    京都府 乙訓郡大山崎町

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    京都府 乙訓郡大山崎町

  • 本体価格89.99万円(税込)
    2016年   4,343km
    神奈川県 横浜市戸塚区

  • 本体価格89.90万円(税込)
    2016年   5,675km
    埼玉県 戸田市

  • 本体価格102.15万円(税込)
     
    神奈川県 横浜市中区

新車・中古車を探しに行く!

その他のオススメ記事

StreetTwin

トライアンフ 新型「STREET TWIN」の価格とスペックを発表ウェビックバイクニュース 2015年12月11日

販売中の車両を見る

ストリートツイン