new

【GSX-S750 試乗インプレ】エッジの効いた走りとデザインのスポーツネイキッド

【スズキ GSX-S750】
ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編

GSX-R譲りの性能を持ちつつもストリート寄りのスタイリングのGSX-S750。
スポーティな走りはもちろん、市街地を流すような大人しい走りも楽しめる「イイトコドリ」な1台は果たしてどんな仕上がりになっているのか?
750ccという伝統ある排気量も魅力的ではありますが、果たして「ちょうど良いマシン」なのか「まるでモンスターなマシン」なのか迫ります!

GSX-S750のココがイイね!

  1. 威圧感溢れるスタイリング
  2. トルクフルでどこからでも楽しめる!
  3. 意外と街中でも使いやすくて乗りやすい

GSX-S750の評価(筆者の主観です)

総合 ★★★★
ルックス ★★★★
取り回し ★★★★★
加速 ★★★★
走り ★★★★
高速快適性 ★★★★★
足つき ★★★★★

全体

全体のフォルムは尖ってないところが見当たらない程にエッジの効きまくったデザインになっています。
アンダーカウルによってSSっぽい印象を持ちながら、ストリートファイター独特の造形のヘッドライトの組み合わせは絶妙ですね。
個人的なお気に入りポイントは、マフラーとテールカウルが同じ角度で跳ね上がっているところですね。
スポーティな印象が強くなって格好いいです。

このシュッとしたアンダーカウルの造形も美しい・・・。

灯火類

威圧感のあるヘッドライト周りには、まるで"牙"のようなポジションライトが装着されていることで攻めの姿勢が強く伝わってきます。
テールライトは小ぶりながらLEDが採用されていて視認性の向上やシャープな印象を引き上げてくれるのですが、ライト周りのスペースが余っているのが少し目立ちます。

メーター

フルデジタルメーターは非常に視認性が良く、輝度を段階的に変更できるので日中から夜間まで幅広く対応できます。
さらにコンパクトな作りになっており、ヘッドライトのシャープな造形にも一役買っています。
シフトインジケーターや時計など、あると便利な表示はもちろんありますし、速度表示も大きくて見やすいです。

足回り

パワフルかつ軽快な走りを実現する足回りはデザイン性の高いホイールが装着されています。
グリップ性能の高いS21が標準装備されており、スポーティな走行を楽しむことができます。
ブレーキにはニッシンのラジアルマウントキャリパーが装着されていますので、制動力も確かです。
強く握りすぎると怖いくらいによく止まります。

▲120/70ZR17M/C(58W)
▲180/55ZR17M/C(73W)

フロントサスペンションは調整可能な倒立フォークを装着。ゴールドのアウターチューブが存在感あって格好いいです。

スイッチ周り

トラコンの設定や、メーターパネルで表示されるトリップなどの切り替えは全て手元のスイッチにて切り替えを行います。
メーターまで手を伸ばす必要がないので、走行中でも気軽に表示切り替えができるのは便利ですよね!
私は未だに右手でハザードを点けるのに慣れません・・・。

シート

抜群の座りやすさではないものの、跨ったときには足の開きに無理がないので跨りやすい方です。
ただし、ストリートファイターの宿命かな、タンデムには不向きです。
シート自体がかなり小さいのと、角度が付いていて座ったときに前方に下がっていくような気分になるので乗車していて怖さを感じます。
もはやシングルシート仕様っぽくなっています。

細かい部分もカラーが統一されてイケてる!

全体的にブラックが多めに使用されていますが、レバーやステップもブラックで統一されているためにまとまりがあって格好いいです。
レバーはダイヤルで調整可能、ステップは小さめでスポーティな見た目です。

容量多めのタンクはツーリングでも活躍!

容量多めのタンクはツーリングでも活躍!
タンク容量は16Lと比較的多めです。
燃費もカタログ値(WMTCモード値)で20.1km/Lとそこまで悪くない数値になっています。
満タンで300km程度走れれば、ツーリングに行ってもそんなに頻繁にガソリンスタンドに駆け込む必要も無さそうです。
あと、個人的にニーグリップがしやすくて乗り心地が良かったです。

外観、装備編まとめ

GSR750よりも更に洗練されて過激になったGSX-S750はストリートファイターのジャンルにふさわしいスタイリングになっています。
車両全体から溢れる「攻め」の姿勢はライダーのモチベーションを上げてくれること間違いなしです。
大柄に見えますが実際はそこまで大きく感じません。
カスタムをしなくてもノーマルで十分格好いいのも高ポイントでした。

GSX-S750:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
GSX-S750のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX-S750の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのGSX-S750中古車一覧

【スズキ GSX-S750】
ディテール&試乗インプレッション:足つき、走行編

格好良さ全開のGSX-S750ですが、足つきはどうなのか?見た目通り凶暴な走りなのか?についてチェックしてみます。

足つき

シート高は820mmでそこまで低くはありませんでした。
ただシートの部分でも触れたとおり、足を出しやすいシート形状になっており、実は足つきは悪くないほうだと思います。

スタッフが跨りましたが、182cmもあれば余裕ですね。ベタ足です。

走行

まずエンジンをかけると純正マフラーと思えないほど迫力のある重低音が響きます。
アイドリングでは体に響く低音で、アクセルを開けていくと耳から脳へと響く官能サウンドに変更します。
走りながら「これは純正のままでいいなぁ」と思ってました(笑)

走り出すとローRPMアシストのおかげで慎重ながらスムーズに発信できました。
低速トルクも十分で、半クラ状態で結構進んでくれますね。
ただ、さすが750ccバイク。ちょっと雑なアクセルワークだと急発信・急加速で乗り手に牙を向いてきますので常に慎重な発信を心がけた方が良いでしょう。

何と言っても「とにかく楽しい!」
街中は3~4,000回転で十分流せるほどのパワーがあります。
そうやってのんびり走るのが苦手かと言われると決してそんな事はなく、逆にエンストの心配が軽減されて快適です。
回せば回すほどグングンと加速していくのでリッタークラスのバイクにも余裕で付いていけると思います。
アクセルを開けすぎないように自制するのが大変なくらいレスポンス良くキビキビと走ってくれます。
サーキットに持ち込んでパワーを開放してあげると最高に楽しいんだろうなぁ、と思いました。

足つき、走行編まとめ

見た目に合った凶暴な走りを見せてくれるのはもちろん、意外とマイルドな一面もあり扱いやすい1台だと思います。
街乗り良し、ツーリング良し、サーキット良し(多分)でマルチに活躍してくれるGSX-S750を手懐けた時は何とも言えない達成感を味わえることでしょう。

☆GSX-S750が試乗できるショップを探す!☆

撮影協力:株式会社スズキ二輪

【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【MT-09 2017】刺激的な走りを堪能できるマシン!進化したMT-09は凄かった!
◆【MT-07】スポーツ走行から街乗りまで誰でも楽しめる完成度の高さが魅力!

スズキ GSX-S750の価格情報

スズキ GSX-S750

スズキ GSX-S750

新車  133

価格種別

中古車  7

本体

価格帯 77.7~98.77 万円

95.41 万円

諸費用

価格帯 1.15~7.2 万円

1.43 万円

本体価格

諸費用

本体

71.4 万円

価格帯 58.99~82.39 万円

諸費用

8.32 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 84.9~99.93 万円

96.85 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

79.73 万円

価格帯 79.73 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

リョウタロウ

リョウタロウ

投稿者プロフィール

身長:166cm (股下70cm)
バイクの所有歴(所有が古いもの順):カブ50→(カブをいっぱい)→カブ110など
主なバイクの楽しみ方:山道ツーリング、4ミニカスタム、オフロード
免許・ライセンス:大型自動二輪、普通自動車
特技:わんこそば200杯

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る