new

【カワサキ NINJA1000ABS(2017) 試乗インプレ】最新電子制御を満載した快適安心スポーツツアラー

【カワサキ Ninja1000ABS】
ディテール&試乗インプレッション

国内では250、400、650、1000とラインナップされるNINJA(ニンジャ)シリーズの旗艦として、カワサキを代表する車種の伝説を受け継ぐ存在なのがこのNINJA1000ABSです。
最新モデルが2017年春に国内仕様として発売されました。
今回はその魅力について、見て・触って・試乗して、体感してきたことをお伝えします。

スーパースポーツ譲りのシャープなスタイリング

スタイリングは、スーパースポーツZX-10Rとも共通するツリ目2眼デザインをはじめとしたシャープなライン。

ツアラーとしてのゆったり感よりも、より速くより機敏にというスポーツ性をアピールしてるように感じます。

 class=
 class=

ヘッドライトはかなり明るい!

LED化されて常時両眼点灯となったヘッドライトは光量が十分以上でかなり明るい部類です。
高速で遠くまでの移動を想定するツアラーならではの必要な機能なんでしょうね。

テールライトはLEDです。
菱形を二つ重ねたようなデザインは、兄弟車のZ1000のような「凄み」も感じさせます。

【NINJA1000ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA1000ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA1000ABSの新車・中古バイクを見る

アップライトなセパレートハンドル&スクリーンは角度調整可能

トップブリッジにセットされたアップライトなポジションのセパレートハンドルです。
少し前傾する姿勢がとても自然なスポーツライディングポジションになります。
スクリーンは角度調整が可能で、一番起こした際にはヘルメット下あたりまで風を防ぐことができました。
高速ツーリング時に威力を発揮しそうです。

多機能表示メーターは豪華!

トラクションコントロールやパワーモードの状態、ETCの作動やシフトアップインジケーターまでついた豪華なメーターです。
左グリップについたスイッチで各種機能の切り替えが可能。
アナログタコメーターとの組み合わせは視認性も良く、安全性確保にも繋がります。

 class=
 class=

シートは厚みもあって長距離ツーリングも安心

シートは前側が絞り込まれつつも座面の広さや厚みは確保していて、かなりクッションがきいてる感じでした。
またタンデム側もフィン状にデザインされたグラブバーがあり、安心して身を任せることができそうです。
シート下には標準装備のETCが備わっていて、余裕はあまりありません。

 class=
 class=
【NINJA1000ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA1000ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA1000ABSの新車・中古バイクを見る

足つきはそこそこ厳しい・・・

シート高815mmとZX-10Rほどではないにしても、小柄なライダーにはなかなか厳しくなってくる高さ。
両足では200kgを超える車重を支えるのはかなり難しいでしょう。片足なら余裕をもってつくことができます。
取り回しもその重さやハンドルの切れ角など少々厳しくなります。
小柄や体力に自信がないライダーは、1クラス排気量を落としたNINJA650も検討に入れてみてはどうでしょうか。

 class=
 class=

(スタッフ:身長167cm、足短め)

どこまでも回りそうなエンジンと安心できる電子制御装備

エンジンをかけるとすぐに迫力あるサウンドが響きます。
恐る々々クラッチを握ってギアを入れようとすると、クラッチが250ccクラスのように軽い操作感であることに気付きました。
リッタースポーツと身構えていると、あっけなく走り出せてしまう優しさがあります。
また走り出しても、トラクションコントロールを最大限効く設定にして信号ダッシュからの加速をしようとするとその効きをしっかりと確認することができました。
長距離ツーリングでの天候や路面の悪化にも安心して乗れるのが、最新の電子制御を搭載するメリットではないでしょうか。

 class=
 class=

まとめ

ZX-10Rほどのスポーツ性能は持て余すしポジションがツラい、でもZX-14Rの重さやサイズはちょっとキツい・・・なんていうライダーにフィットするのがこのNINJA1000ではないでしょうか。
カワサキの国内仕様車としては最大排気量のフラッグシップ車種となるだけに、各種の電子制御装備やスタイリングもぬかりありません。
より遠く、より速く、より安心できる新世代のスポーツツアラーです。

【NINJA1000ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA1000ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA1000ABSの新車・中古バイクを見る
【NINJA1000ABSとよく比較されている車種の情報はこちらから】
GSX-S1000Fのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
VFR800のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA650のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【ZX-10R(2017)】フツーに乗れちゃう?!究極のスーパースポーツ
◆【Ninja H2】全てが最高級な究極のロードスポーツに迫る!

車両協力:モトフィールドドッカーズ 埼玉戸田 【MFD埼玉店】

カワサキ ニンジャ1000 (Z1000SX) の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

カワサキ ニンジャ1000 (Z1000SX)の価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

国内
(新車)

112台

全国平均:123.44万円

価格帯: 112.7~129.99万円

全国平均:万円

価格帯: 2.3~9万円

全国平均:万円

最安:万円、 最高:万円

国内
(中古)

29台

全国平均:90.41万円

価格帯: 59.9~132.84万円

全国平均:8.91万円

価格帯: 4.4~12.8万円

全国平均:88.52万円

最安:69.81万円、 最高:96.06万円

逆車
(新車)

20台

全国平均:121.96万円

価格帯: 89.9~151.2万円

全国平均:万円

価格帯: 8.16~19.55万円

全国平均:万円

最安:万円、 最高:万円

逆車
(中古車)

108台

全国平均:81.79万円

価格帯: 62.7~113.9万円

全国平均:8.83万円

価格帯: 4~15.4万円

全国平均:86.73万円

最安:70.26万円、 最高:99.8万円

カワサキ ニンジャ1000 (Z1000SX)のオーナーレビュー

オーナーレビュー No.173894
2.8
長所・満足している点 KTRCとパワーモード
リヤサスのリモートアジャスタ
モノブロックキャリパー&ラジアルマスター
航続可能距離表示
たためるミラー
排気デバイス廃止
純正スプロケがサンスター
3段階調整可能なスクリーン
峠でもそこそこ楽しい
オーナーレビュー No.437462
4.2
長所・満足している点 楽なポジションで速いですね。
必要な情報が全て表示されるメーターが良いです。
オーナーレビュー No.75452
4.2
長所・満足している点 見た目がカッコいい!
速い!面白い!
意外と取り回しが軽く感じる
オーナーレビュー No.151710
4.0
長所・満足している点 デザイン
機能性
取り回し
エンジンサウンド
カスタムパーツの充実
オーナーレビュー No.250244
3.7
長所・満足している点 SSポイのにポジションはネイキッド!
低速からトルクが有り6速で速度30km全く問題なし。欲を言えば6速をもう少し高めのギア比にしてもらえれば・・・!
オーナーレビュー No.513697
3.8
長所・満足している点 ツアラーで少しSS
レビューを全て見る
リョウタロウ

リョウタロウ

投稿者の記事一覧

250ccオフロード車とカブ110、モンキーを所有。雨でも雪でも走ります。
オフロードと4ミニをこよなく愛してますが、この取材試乗を通してクルーザー(アメリカン)が気になるこの頃。
記事内では、短足担当として登場します。股下70cmの悲哀を、足つきチェックフォトでお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る