new

【スズキ SV650X ABS(2018)試乗インプレ】オシャレなのに走りも大満足!そんなカフェレーサーの虜になってみませんか?

【スズキ SV650X】
ディテール&試乗インプレッション

SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェレーサースタイルにアレンジしたモデルです!
大きな変更点はハンドルがバーハンドルからセパレートハンドルになり、ヘッドライトからタンクにかけてフレームカバー増えたくらいでエンジンなどのスペックは全く一緒。
それでもこのスタイルを見ただけでドキドキが止まらないのは何故なのか?多分それは熟成された90°Vツインエンジンが生みだす軽快な走りを、よりスポーティーなポジションで体感出来るという期待からではないでしょうか。

今回はそんなSV650Xの装備や魅力についてご紹介していきます!

ベースが良いからこそカフェレーサースタイルが更に映える!

もう何と言ってもデザインがカッコイイ!

ベース車両であるSV650のトラスフレーム。Vツインエンジンならではの前方にのめり出した大きなシリンダーと独特なエキゾーストパイプの取り回し。
カフェレーサースタイルとなる為にセパレートハンドルへ変更されただけでなく、そこから更にSV650X用にデザインされたヘッドライトカウルとフレームカバー。
タックロールシートによってレトロ感が強調されていることに加え、全体的にメタリックグレーに統一された事で渋さが際立ち、SV650のデザインとカフェレーサースタイルの良いとこどりのような仕上がりです。
正直これだけでもSV650とは別のバイクなんじゃないかって思わされますね♪

セパレートハンドルも適度な低さと垂れ角があり、跨っただけで自然とレーシーなポジションになりますが伏せてても窮屈感は全くありません。
車格自体も400cc4気筒ネイキッドモデルとサイズ感や重量がほとんど変わらないので、「大型バイクへのステップアップを考えているけど大きすぎるのはちょっと…」という方にはぜひおススメしたいバイクですね!

【全長/全幅/全高】


2,140mm/730mm/1,090mm

【車両重量】

197kg

SV650Xで新たに追加されたフレームカバーが、ビキニカウルとタンクを繋ぐように装着されています。
ヘッドライトからテールまでメタリックグレーが一直線に伸びているデザインはまるで【カタナ】のようですね。

SV650Xのシート高、足つきをチェック

【シート高】


790mm

【足つき】

シート高は790mmと低くはありませんが、シートが割と薄めでタンク付近がシャープになっているので足つきは良いほうです!
私が跨ると両足の踵が浮くか浮かないかくらいですが、身長の低い方でも少し腰をずらせば片足はベタ足で支えられると思います。
何よりシリンダーが縦に並んでいるので、並列エンジンより細身なところも足つきの良さに繋がっていますね!

▲シート高:790mm(スタッフ身長173cm)

SV650Xの灯火類をチェック

【ヘッドライト】

ヘッドライトには、マルチリフレクターヘッドライトが装備されています。
ウィンカーと併せて今では標準装備されていることが多いLEDではないあたりもバイクの雰囲気に合っていて良いですね。
丸型のヘッドライトとオリジナルのビキニカウルが、よりカフェスタイルを引き立てています。

▲ロービーム
▲ハイビーム

【テールライト】

SV650と共通の2眼テールライトはシャープなテール周りを演出していますね。
こちらもフロント周り同様にLEDは採用されていません。

▲ブレーキ握ってません
▲ブレーキ握りました

SV650Xのメーターをチェック

SV650と同様のデジタルメーターとなります。
ディスプレイには、スピードメーター、タコメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、ギヤポジションインジケーター、水温計、航続可能距離計、平均燃費計、瞬間燃費計、燃料計、時計を表示しています。
ディスプレイ横には、ターンシグナルインジケーター、ハイビームインジケーター、エンジン警告灯、ABS警告灯、水温、油圧警告灯のLEDインジケーターが並んでいます。
もちろんメーターの視認性は昼夜問わずバッチリでした!

SV650Xの足回りをチェック

5本スポークのアルミキャストホイールでオーソドックスなスタイルですが、流行りの多数スポークでないところがカフェレーサーのスタイルを崩さない要因にもなりますね。
また、足回りは全体的に豪華な装備を惜しみなく装着するのではなく、車両に応じて必要な装備をしっかり選定し、コストと販売価格を下げられるように努めています。

【タイヤサイズ】


フロント:120/70ZR17M/C(58W)
リア:160/60ZR17M/C(69W)

【ブレーキ】

フロントブレーキは直径290mmのダブルディスク、TOKICO製2ポッドキャリパーを装備。リヤブレーキは直径240mmのシングルディスクにNISSIN製キャリパーを装備。
ABSは標準装備となったが、ラジアルマウントキャリパーや4ポッドキャリパーを選択しないあたりにメーカーのこだわりを感じられました。
実際にストリートユースでのブレーキングであれば十分な制動力を発揮してくれます。

▲フロント:120/70ZR17M/C(58W)
▲リア:160/60ZR17M/C(69W)

【サスペンション】

フロントはSV650と同じくインナーチューブサイズが41mmの正立フロントフォークとなりますが、SV650には無かったプリロードアジャスターが装備された事によりサスペンションの調整が可能となりました。
リヤにはリンク式サスペンションが採用されています。

▲プリロードアジャスターが追加された
▲リンク式サスペンション

SV650Xのマフラーをチェック

V型エンジンならではの独特なエキゾーストパイプの取り回しが更に車体の存在感を増しています。
特にリアバンク側のパイプは一度前方に伸びてから後方へ折り返すので他のバイクでは中々見られませんね!
※私もV型エンジン乗りですが、エキゾーストパイプの折り返しのラインが大好物です。

SV650Xのタンクをチェック

タンク容量は14Lで、燃費がWMTCモード値で26.6km/L(サブクラス3-2)となります。
タンクのデザインはこれまでの【S】から【SUZUKI】に変更され、適度な厚みによってニーグリップしやすくなっています。

SV650Xのスイッチ類をチェック

電子制御も無い為、スイッチボックス自体はシンプルですが、スタータースイッチにはワンプッシュで始動が可能な【スズキイージースタートシステム】が搭載されています。
これはスターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転し、ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識して自動でスターターモーターを止めるというものです。
従来のバイクではエンジンがかかるまでスイッチを押し続けていましたが、今の時代はワンプッシュでエンジンがかかるようになりました!

SV650Xのシートをチェック

SV650Xではライダー側のシートデザインがタックロールタイプに変更され、レトロ感のあるシートがカフェスタイルを際立たせます。
タンデムシート部分はグレーとなり、遠目からは車体の色合いとマッチしてシングルシートのようなデザインに見えますね。
ただ、シートは比較的薄目で、片道20キロの通勤でも乗り続けているだけでお尻が痛くなってきました…

SV650Xの気になるお値段は!?

2018年7月現在でのメーカー販売価格は以下となります。

SV650X
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
781,920円(消費税抜き 724,000円)

SV650
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
738,720円(消費税抜き 684,000円)

SV650から+4万円でカフェレーサースタイルになるのは正直お買い得かと!
そもそもSV650自体が同クラス内でもお安い部類になり、今時の400ccモデルと大差ない価格なので、+4万円でもそこまで高くなったような印象は受けませんね。

SV650X:現行車種のスペックや新車一覧はこちらから
SV650Xのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SV650Xの新車一覧を見る

まとめ

今回初めてスズキのVツインエンジンに乗ってみましたが、すごく扱いやすくて大型初心者でもすぐに乗り慣れるような親しみやすいバイクでした。
発進時や低回転走行時にエンジン回転数の落ち込みを制御するローRPMアシスト機能も搭載され、スムーズな発進や低速のUターン時には強い味方になってくれます。
正直教習所でCB400SFに乗って免許を取得出来ている人ならサイズ感もそこまで変わらないのでSV650の方が乗りやすいかもしれません…
それだけ完成度の高いエンジンだと言えますね!

Vツイン特有の「ドコドコドコッ!」っと響くエンジンは、6速で巡行していてもハンドルを捻ればしっかりと加速するトルク感と、高回転まで気持ちよく回っていくレスポンスを併せ持っています。
このエンジン特性は、1気筒あたり2本のスパークプラグを持つデュアルスパークテクノロジーによる燃焼効率のアップも関係しているでしょう。

エンジンだけでなく走りも中々イケてるんですよ!
今回の試乗では通勤路である交通量の多い幹線道路(朝は渋滞で流れが遅く、夜は車両の流れが速い)がメインとなりました。
朝はストップ&ゴーが多いですがローRPMアシスト機能もあり発進に気を遣うことがなく、夜の流れの速い時には余裕のあるトルクで低速から高速までスムーズに加速するので、周りの車両の流れに難なく乗れてスムーズに走れました。
操作性も200kg近い重量でも走り出すとすごく軽く感じられ、セパレートハンドルのダイレクトな操作感と軽さがマッチしてコーナーがものすごく楽しいですよ。この乗り味をワインディングで試せたら楽しく走れること間違いなしですね!

私自身ネイキッドモデルにはすぐにセパレートハンドルを入れてしまいたくなる病に侵されているので(笑)メーカー公式でセパレートハンドルモデルが出るのはありがたい限りですね♪

ネイキッドモデルは好きだけど走りにアレンジが欲しいという方にはぜひぜひおススメしたい1台です!

スズキ SV650X ABSの価格情報

スズキ SV650X ABS

スズキ SV650X ABS

新車 125

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 58.86~78.19万円

68.46万円

諸費用

価格帯 5.34~8.51万円

5.66万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 64.2~86.7万円

74.13万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ~万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

主に250ccなどの小排気量でレース参戦しています。
普段はサーキットしか走らず、公道走行についてはほぼ初心者…
だからこそ感じる車両のダイレクトな感想をお届けできればなと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る