new

【俺が勝手に勧めたい!】SBK6連覇を成し遂げた市販モデル最速のスーパースポーツ【カワサキ ZX-10R】

その性能は折り紙付き

レース専用に開発されたマシンで競われるロードレースの最高峰カテゴリーがmotoGPなのに対し、市販車をベースとしたロードレースのトップカテゴリーがSBK(スーパーバイク世界選手権)です。一時期は日本人ライダーの参戦はありませんでしたが、2019年からはまた参戦するようになり、2021年には今年の全日本チャンピオンの野左根選手が参戦するということで話題となっています。

このSBKで2015年から今年で6連覇という偉業を成し遂げたのが、カワサキのZX-10R(ZX-10RR)とライダーのジョナサン・レイです。ジョナサン・レイの安定した走りもさることながら、毎年のように各メーカーがニューモデルを投入してくるなかで、ZX-10Rもモデルチェンジを経て熟成を重ねていきました。途中あまりにも強すぎるということからレギュレーションが改定されるといったことも起きています。

さて、このZX-10Rですが、2016年のモデルチェンジから外観はあまり大きく変わったようには見えませんが、エンジンや電子制御は更に進化しています。エンジンパワーは203馬力まで上がり、標準モデルにもシフトアップとダウンの両方に対応したクイックシフターが採用されています。足回りには引き続きブレンボ製ラジアルマウントキャリパーやショーワ製の高性能サスペンションを搭載するなど、市販されている状態でもハイパフォーマンスな1台です。それ以上に特に推したいのが、今年のジョナサン・レイが乗っていたZX-10Rと同じKRT(カワサキレーシングチーム)カラーであること。これだけでも気分はジョナサン・レイですね(笑)

何やら2021年には新型ZX-10Rが登場するようですが、デザインが大きく変わっている為、今のZX-10Rのデザインが好きだという人は要チェックですよ!

ZX-10R:スペックや新車・中古バイクはこちらから
ZX-10Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ZX-10Rの新車・中古バイク一覧を見る
ZXRシリーズの一覧を見る

カワサキ ZX-10Rの価格情報

カワサキ ZX-10R

カワサキ ZX-10R

新車 9

価格種別

中古車 27

本体

価格帯 207.55~237.8万円

218.58万円

諸費用

価格帯 2.5~6.33万円

5.35万円

本体価格

諸費用

本体

117.2万円

価格帯 60.4~180.9万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 210.05~244.13万円

223.94万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

108.42万円

価格帯 67.16~175.67万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
今乗っているバイクはストリートトリプルRS(18)とWR250X(07)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続けること

この著者の最新の記事

   

ページ上部へ戻る