オーナーが語る!「クロスカブ110」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

ホンダ クロスカブ110 レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「クロスカブ110」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけクロスカブ110ってこういうバイク!!

クロスカブ110の初代モデル(JA10)が、スーパーカブの派生車として登場したのは2012年のこと。
カブシリーズの経済性の良さとタフネスさをベースとしながら、アウトドアやレジャー要素を取り入れたクロスオーバースタイルですぐに人気車種に。

そしてスーパーカブがモデルチェンジして国内生産に回帰したのと合わせて、クロスカブ110も2代目モデルへと進化したのが2018年。
カブシリーズの特徴とはいえ多少野暮ったくも見えるレッグシールドを取り去ってより「遊べるバイク」感を打ち出したスタイリングと、流行に沿ったカラー展開で初代モデル以上に人気車種となって一気に街中で見かけることが増えました。
それは上記に加えて、原付二種の経済性の良さ、アウトドアレジャーの流行、カブの持つ肩肘を張らないユルさなどが、時代にマッチしてユーザーに高く評価された結果ではないでしょうか。

そんなクロスカブ110オーナーの声をみてみると、やはり気軽に乗れるサイズ感と経済性の高さを理由に購入しているケースが多いようです。
取り回しの軽さや燃費の良さ、維持費の安さは毎日の通勤・通学利用にもピッタリなんですね。
それ以外の用途では、林道やキャンプツーリングなどアウトドアレジャー用途も目立ちました。
クロスカブはそうした実用的な良さと、アクティブなイメージがウケているんですね!

不満点としては、タンク容量の小さ(航続距離の短さ)やパワーが足りないこと、ドラムブレーキの効きがイマイチといった声がありました。
これは小型で低価格な車両ゆえの不満点と言えなくもないですが、そうした不満をカスタムや装備の工夫で補うことを楽しんでいるオーナーが多いことも事実です。

クロスカブ110のざっくりまとめ

良いところ

・燃費の良さ
・取り回しの良さ・軽量な車体
・維持費・消耗品が安い
・大きなリヤキャリアで積載性バツグン
・アクティブなイメージのスタイリング
・カスタムパーツの豊富さ
・(スクーターと比較して)ギヤチェンジが楽しい
・(カブとしては)ゆったりとした乗車ポジション

悪いところ

・タンク容量が小さい・航続距離が短い
・ドラムブレーキの効きがイマイチ(フロント)
・(原付二種バイクとしては)パワーが足りない
・(カブとしては)シートが高く足つきが悪い

足つき

身長166-170cmのライダーの約80%が クロスカブ110の足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

クロスカブ110オーナーの声

購入動機・用途・比較車種 趣味のカメラの為、メインのXR250より気軽に尚且つ積載量ある原付二種が欲しかった。
ちょうどハンターカブCT125発売のスクープされた時期で、発売日が何時になるか分からない事から、先にクロスカブ110を購入した。
ハンターカブはクロスカブの乗り換え時期等が来た時に買う予定。
長所・満足な点 工夫とか大げさな事なしで、荷物が積める事。
軽い取り回しとフラットな林道ならソコソコ行けちゃうとこ。
ハンターカブはオフロード一色なのに対し、クロスカブはストリート・オフローチック・旅仕様と好きな色に染められるとこでしょう。
オジサンに良く声かけられる(笑
made inジャパンの安心感。
短所・不満な点 平たん路ではそんなに感じませんが、登坂で段々スピードダウンしてくるとこの非力さだと思います。
まぁ、所詮カブだからと割り切って乗れば良いんですがね・・・
250のバイクの乗ってても、クロスカブの非力さは感じますので、大型のセカンドで乗ると余計に非力さが感じるかと思います。
アドレスやシグナスなどの125スクーターのキビキビさはありません。
これから買う人へのアドバイス ハンターカブやC125の陰に隠れてしまい目立たない存在となりましたが、まだまだ現役。
10万円の差額でどちらに乗るかになるでしょうが、「made in japan」の安心感はあります。
ハンターのディスクブレーキにも目を奪われますが、クロスカブの常用スピードであれば既存のドラムブレーキでも問題なし。
ディスクじゃないと止まれないようなスピード出したり?車間を詰めて走るような事はしないので?不満に感じたことありません。
私は、前と後ろのホイールを1台分用意してあり、タイヤ交換時期に予め予備ホイールに組んで置き、ホイール交換だけで素早く済むようにしています。
購入動機・用途・比較車種 購入動機は、
・メインバイクであるCBR600RRでの市街地走行(通学、買い物など)は体力的にしんどく、気軽に乗れるバイクが欲しかったから。
・CBR600RRを市街地走行で使うことによる燃料や消耗品(エンジンオイル、タイヤ、チェーンなど)の消耗がもったいないと感じたから。
・スクーターの様な手軽さは1番だが完全に足としてしか使えないバイクではなく、足としても使えつつバイクを操る楽しさを味わえるバイクがよかったから。
・CBR600RRでは走れないオフロードを走れる性能を持っているから。
の4点です。

用途は、
・通学や買い物
・林道ツーリング
・ワインディング
・モトクロス&エンデューロコース走行
として主に使っています。

長所・満足な点 燃費、積載、走行性能すべてに満足しています。
燃費ですが、カタログ値で66.7/Lの超低燃費。タンク容量が4.3Lなので単純計算で286.81kmを走れることになります。ワンコインでガソリン(レギュラー)を満タンに出来て、メインバイクであるCBR600RRに匹敵する航続距離を持ちます。CBR600RRはガソリン(ハイオク)満タンで2500円程かかるのでかなりの差です。
積載はリア、サイド、ヘッドライト上、センターなど荷物が積める場所はたくさんあるので困らないです。
走行性能ですが、110ccだと十分街中で流れをリードするパワーを持っています。大型バイクの圧倒的なパワーはありませんが、街中を走る分には必要十分だと感じます。オフロードの走行は、自分自身が本格的なオフロードバイクに乗ったこともなく、オフロードも未経験からのスタートなので比較などは出来ませんが、エンストの心配が無く車体も軽いので初心者でも安心感があります。
短所・不満な点 不満な点はブレーキの性能です。前後輪共にドラムブレーキですが、特にフロントブレーキが弱いです。フロントブレーキだけで停止するのはほぼ無理でしょう。教習所ではフロント7、リア3などと習うと思いますが、このクロスカブの場合は逆では無いと止まれません。自分はほぼリアブレーキだけしか使っていません。
購入動機・用途・比較車種 冬眠中のSR500の代わりにお気軽に乗れるツーリングバイクを探していて仲間内からスーパーカブの良さを聞いていたので長距離ツーリングにも使えるかもと110を候補にし、中古新車問わず検討していたところ黄色のクロスカブに一目惚れ。1900キロ走行の極上中古だったので迷わず購入しました。
長所・満足な点 とにかく燃費がいい!燃費は平均60km/Lなので満タンで250キロほど走れます。旧型クロスカブなのでレッグシールドが冬場やちょっとした雨に役立ちます。インジェクションは楽ですね。吸排気をカスタムしても勝手に補正してくれます。スクーターと違い4段変速のギヤチェンジは楽しいです。スーパーカブ110よりシートの厚みが有りツーリングでもお尻が痛くなりにくいです。
短所・不満な点 JA10中華カブなのでうわさ通りあり得ないほどのトルクでネジやボルトが締まってました。ホイールの振れがひどくスピードを出すとハンドルがゆらゆらと振れて安心できないのでフロントフォークをオーバーホールしオイルを少し硬めの化学合成油に交換。ホイールの振れ取りも自分でとって縦ブレ横ブレ0.5mm以内にしたところ手放ししてもまっすぐ走るようになりました。ノーマルのチェーンはすぐに伸びます。強化チェーンに換えたついでにギヤ比も低いのでリヤのスプロケを32丁にしました。
これから買う人へのアドバイス ノーマルでも充分よく走り燃費も良いのですが、手を入れてあげるとますます良くなりついついカスタムパーツに手を出してしまいます。ですがビッグバイクと違いパーツ自体も安くて取付も、しっかりした工具があれば自分でも何とか出来ちゃいます。メンテナンス自体も最初に自分で手を出すには非常にいい教材になると思います。
クロスカブ110:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
クロスカブ110のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
クロスカブ110の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「ビジネスバイク」の新車・中古バイクを見る
「クロスカブシリーズ」の一覧を見る

ウェビックバイク選びスタッフ

新車インプレからジャンル別の比較記事など、バイク選びの参考になるような記事をお届けします!

Comments are closed.

Recent Posts