new

【俺が勝手に勧めたい!】ブーム再来!?可愛らしいルックスは今でも人気間違いなし!【ホンダ モトコンポ】

be401e2602290f8a8a6c1c95a8fd7f65.jpg

ガンナー50を見たとき、真っ先に思い浮かんだのがコイツでした

SNSでその姿が投稿されてから、瞬く間に話題となったガンナー50。タイの新規メーカー「フェニックスエンジニアリング」より生産されていますが、なんと言っても目を引くのがそのルックス。ヘッドライトからテールライトまでを直線状にフレームと一体化させた外観はまるでバズーカ砲の様です。

ガンナー50のモトレポートはこちら

gunner50_02.jpg▲フェニックスエンジニアリングのガンナー50

このガンナー50を初めて見たとき、私が真っ先に思い浮かんだのがモトコンポです。ガンナー50と同じようにヘッドライトからテールライトまで直線状のデザインとなっており、ハンドルやシート、ウィンカーの雰囲気もとても似ていると思いました。

f5a6554ee8fe43934e792ada51c4f39e.jpg

ただ、ガンナー50とモトコンポの大きな違いは開発コンセプト。当時のホンダが売り出していた車(4輪)とバイク(2輪)を組み合わせた「6輪生活」というコンセプトを基に、「トランクバイク」として開発されました。トランクバイクというだけあり、ホンダの「シティ」という車のトランクに搭載することを前提とした構造で、ハンドル回りやシートをフラットに格納することができます。

9b7d3119309daa42d709b390d802fd3e.jpg▲ハンドルやシートを格納した状態

ところが、シティの売上は絶好調だったのに対し、オプションのような立ち位置だったモトコンポは全く売れず...
今でこそ独特なルックスで根強い人気を誇りますが、注目されるようになったのは販売終了後。某人気漫画で登場したのがきっかけでした。正直、現代版としてリメイクしたら人気間違いなしなのではないかと個人的に思っていたりします(笑)

そんなモトコンポの中でも今回ご紹介するのが、千葉県にある「袖ヶ浦ホンダ 五井店」さんで販売中の物件です!レストア済みの車両ということで、1980年代に販売されていたバイクと思うと、メンテナンスされているのはうれしいですね。感染対策も兼ねた来店不要のWEB商談も行っていますので、今では珍しい程度の良いモトコンポをお探しの方は早めのお問い合わせを!

モトコンポ:スペックや新車・中古バイクはこちらから
モトコンポのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
モトコンポの新車・中古バイク一覧を見る
ほかのミニバイクの一覧を見る

ホンダ モトコンポの価格情報

ホンダ モトコンポ

ホンダ モトコンポ

新車 0

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

34.51万円

価格帯 18.16~42.8万円

諸費用

1.87万円

価格帯 1.4~7万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

36.38万円

価格帯 25.16~44.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
今乗っているバイクはストリートトリプルRS(18)とWR250X(07)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続けること

この著者の最新の記事

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る