【バイク王 絶版車試乗会モデル ホンダ「NS400R」試乗インプレ】80年代のバイクブームを感じる2スト3気筒!

210401_NS400R_01.jpg

バイク王が店舗やイベントなどで行っている絶版車試乗会は、貴重な往年の名車に見て、触って、試乗までできる太っ腹イベント。今回はそんな絶版車試乗会のラインナップから、1985年登場のホンダ・NS400Rをピックアップして公道試乗インプレッション!

20210201_wms_1000_124.png

車両概要
レーサーモデルのNS500の技術を惜しみなく投入

NS400Rが発売されたのはバイクブーム真っ盛りの1985年。ホンダはロードレース世界GP(現モトGP)において、フレディ・スペンサーがワークスマシンであるNS500を駆って83年、84年と2年連続でチャンピオンを獲得。NS400Rは、その世界グランプリマシンのレプリカとして、当時最新の技術を投入された。

最大の特徴は、水冷2ストV型3気筒エンジン。前方に水平に2気筒、そこから90度の挟角をつけて1気筒をレイアウト。エンジン回転数を検知し、自動的に排気容量を変化させ、効果的な排気脈動効果が得られるATAC(自動調整トルク増幅排気機構)を搭載。中低速域では高いトルクを発生しながら、高回転域では最高出力59ps/8500rpm、最大トルク5.1kg-m/8000rpmを発揮した。

■全長2025 全幅720 全高1125 軸距1385 シート高780(各mm) 車重183kg
■水冷2ストピストンリードバルブ90度V型3気筒 387cc 59ps/8500rpm 5.1kg-m/8000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量19L ブレーキF=ダブルディスク R=ディスク タイヤサイズF=100/90-16 R=110/90-17
■発売:1985年5月10日
■年間販売台数:6000台
■当時価格:62万9000円

ウェビック バイク選び
NS400/ホンダの相場やスペック情報を見る
NS400/ホンダの新車・中古バイクを探す
関連情報
他のバイク王 絶版車試乗記事はこちら

210401_NS400R_02.jpg

210401_NS400R_03.jpg

210401_NS400R_04.jpg

210401_NS400R_05.jpg

210401_NS400R_06.jpg

20210201_wms_1000_124.png

POSITION & FOOTHOLD

身長:172cm 75kg

210401_NS400R_07.jpg

210401_NS400R_08.jpg

210401_NS400R_09.jpg

シート高は780mm。流石に35年以上前の車両だけにサスペンションも100%の性能ではなさそうだが、それでも現代のロードスポーツマシンと比べるとかなり足つき性がいいと感じる。踵までベッタリと付き、膝にも余裕が残る。またポジションもコンパクトでマシンもコンパクトに感じる。前傾姿勢は現代のネイキッドモデルよりもかなり前傾する。

走り

210401_NS400R_10-01.jpg

扱いにくい…だがそこがいい。2ストらしい気難しさ

セルはなくキックスタートオンリーだが、圧縮比が6.7と低い2ストだけあってそれほど苦労なくエンジンがスタート。冷間時でなければチョークを使わなくても1発でエンジンがかかるほどコンディションがいい。

走り出してみると、聞きしに勝る2ストマシンの乗り味である。とにかく5000rpm以下が使い物ならないのだ。ホンダのリリースには、「中低速域で高いトルクを発生、しかも高回転域までスムーズに回る…」なんて書いてあったが、現代の4ストマシンに乗りなれたライダーからすると、“どこが?"ってくらい低速がない。まぁ、エンストを頻発するようなトルクのなさではないのだが、コーナリング前でギヤの選択を間違ってパワーバンドを外すと、コーナリング中はもちろん、コーナーの出口でも“もももも…"とエンジンがパワーを出し切らず、乗れてない感丸出しで、なんとも歯痒い思いをする(笑)。

しかも、4ストマシンに乗りなれたライダーからすると、コーナー侵入時のエンジンブレーキのかからなさが気になるところ。加速だろうが、コーナー進入だろうがとにかく5000rpm以上のエンジン回転数をキープしてワンワン言わせながら走るのがコツなようだ。

210401_NS400R_10-02.jpg

一方で、気持ちよくコーナーが決まるとその先のストレートではさらなる加速が待っている。7000rpmあたりから2時曲線的に加速がスタート! ちょっと荷重コントロールを間違うとマクれるんじゃないかというくらいの加速感が味わえる。いやはや35年以上前のマシンだが、そのポテンシャルはしっかり味わうことができた。このマシンを手懐けるには、相当走り込む必要がありそうである。

210401_NS400R_10-03.jpg

ディティール

210401_NS400R_11.jpg

210401_NS400R_12.jpg

210401_NS400R_13.jpg

210401_NS400R_14.jpg

210401_NS400R_15.jpg

210401_NS400R_16.jpg

210401_NS400R_17.jpg

210401_NS400R_18.jpg

210401_NS400R_19.jpg

210401_NS400R_20.jpg

210401_NS400R_21.jpg

210401_NS400R_22.jpg

210401_NS400R_23.jpg

210401_NS400R_24.jpg

210401_NS400R_25.jpg

210401_NS400R_26.jpg

210401_NS400R_27.jpg

210401_NS400R_28.jpg

210401_NS400R_29.jpg

210401_NS400R_30.jpg

210401_NS400R_31.jpg

210401_NS400R_32.jpg

ウェビック バイク選び
NS400/ホンダの相場やスペック情報を見る
NS400/ホンダの新車・中古バイクを探す
関連情報
「バイク王 藤沢店」が4/2(金)にオープン 特典が盛りだくさんのオープン祭を開催
他のバイク王 絶版車試乗記事はこちら

20210201_wms_1000_124.png

この記事に登録されているタグ

MG_6571_2-72x72.jpg

谷田貝 洋暁 フリーランスライター

投稿者プロフィール

1974年3月12日、千葉県八千代市生まれ。“旅のにおい”のする道具が好きでバイクに限らず、カヌー、山スキーなどでフラフラと出かけるのが趣味。それがこうじて山小屋アルバイトに、北海道の鮭バイ、沖縄での製糖工場など、しばらく“職業旅人”だったが、21世紀になったところで運良くバイク雑誌編集部に拾われ二輪業界へ。女性ライダー向けの『レディスバイク』 、ミドルクラス専門誌『Under400』、ビギナー向けの『タンデムスタイル』などの二輪雑誌の編集長を務めた後、2019年からフリーランスとして活動開始。誰にでもわかりやすい記事を書くことを信条に、二輪媒体に寄稿したバイクレビュー/試乗記事は約1000稿。ただし、ダート要素がちょっと多めだ。

この著者の最新の記事

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る