new

【バイク王 絶版車試乗会モデル スズキ「GSX1100S KATANA」試乗インプレ】スズキの名車といえばやっぱりこの“カタナ”!

2101525_GSX1100S-KATANA_01.jpg

写真:関野温

バイク王が店舗やイベントなどで行っている絶版車試乗会は、貴重な往年の名車に見て、触って、試乗までできる太っ腹イベント。今回はそんな絶版車試乗会のラインナップから、1984年登場のスズキ・GSX1100S カタナを元初心者向けオートバイ雑誌編集長の谷田貝 洋暁が公道インプレッション!

車両概要
未だ新鮮に感じる カタナのデザイン

カタナが世に姿を現したのは1980年、ドイツのケルンショーにて“試作車”としての登場だった。翌、1981年には海外市場で発売が開始されたものの、日本国内は750ccまでの排気量規制があり、750cc版のGSX750Sが1982年に登場する。その後、250、400などのバリエーションも登場し、逆輸入モデルとして人気だった1100は、1994年には排気量上限撤廃を受けてついに国内モデルとして発売されることになる。

国内モデルとしての寿命は6年。2000年に限定1100台の“ファイナルエディション”でカタログ落ちするも、海外市場を含めれば20年近い歴史があることになる。

すごいのは、登場から20年以上が経った現在でも、そのデザイン性が衰えていないことだ。古いバイクは、月日が経てばやっぱり古く見えるもの、時代を感じさせるものだ。しかし、カタナのデザインにおいてはそれがない。“デザインの耐久性”が高いというか、20年以上経った今でも古臭く見えないことに恐れ入る。

■全長2250 全幅740 全高1195 軸距1515 シート高775(各mm) 乾燥重量232kg
■空冷4スト並列4気筒 1074cc 95ps/8500rpm 8.6kg-m/4000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量20L ブレーキF=ダブルディスク R=ディスク タイヤサイズF=3.50-19 R=4.50-17
■発売:1994年
■当時価格:89万9000円
※仕様・価格は国内初登場した1994年モデル

2101525_GSX1100S-KATANA_02.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_03.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_04.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_05.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_06.jpg

POSITION&FOOTHOLD

身長:172cm 75kg

2101525_GSX1100S-KATANA_07.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_08.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_09.jpg

シート高は775mmと、決して高くはないのだが、シートが幅広なのと、前傾姿勢がきつめなこともあり、両足を着こうとすると、踵が若干浮く足着き性だ。上半身は、現代のバイクに慣れたライダーからすると、かなりハンドルが遠く感じ、前のめりになる。ニーグリップで下半身をマシンに固定し、上半身を支えるクセをつけないと、長時間のツーリングは相当手に負担がかかる。

19インチホイールで ゆったり走るスポーツバイク

2101525_GSX1100S-KATANA_10-1.jpg

オイルクーラーやリザーバータンク付きのリヤショックを装備していることから94年以降の年式であることが窺えるこの機体。エンジンがブラックアウトされてないところを見ると、2000年発売のファイナルエディションではないようである。

エンジンをかけると唸るような野太い直4サウンドがスタート。排気系を見ればヨシムラの集合管がセットされ、フロントブレーキも対抗2ポッドから4ポッド化して制動力を強化。どうやら前オーナーは、必要なところに的確に手を入れる、走りにこだわるタイプのライダーだったようである。中古車はカスタムなどの痕跡から前オーナーのキャラクターや機体の使われ方を想像してみるのも楽しいもんだ。

2101525_GSX1100S-KATANA_10-2.jpg

走り出してみると、古さを感じさせないデザインとは一転して、ずっしりとした車両感覚にずいぶんと時代を感じる。乾燥重量232kgと現代のカタナに比べて、単純に26kgも重いのだが、その重さは数値というより、大きなフロント19インチホイールや鉄性ダブルクレードルフレームにありそうな雰囲気。鉄性ダブルクレードルフレームを1515mmという長めのホイールベースで大きくしならせながら、“ぐわっ”と曲がっていく、そんなイメージ。

コンパクト&高剛性な車体で見ただけでスパスパ曲がっていくような現代のマシンとは一線を画す重量感のある乗り味。おかげで大きく重いものを自分の意思で操って走らせている感覚がものすごく強い。軽量コンパクト至上主義の現代のオートバイが無くしてしまった鷹揚さがGSX1100S カタナにはある。

2101525_GSX1100S-KATANA_10-3.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_10-4.jpg

ディティール

2101525_GSX1100S-KATANA_11.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_12.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_13.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_14.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_15.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_16.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_17.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_18.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_19.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_20.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_21.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_22.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_23.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_24.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_25.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_26.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_27.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_28.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_29.jpg

2101525_GSX1100S-KATANA_30.jpg

動画

GSX1100S カタナ (刀):現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
GSX1100S カタナ (刀)のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX1100S カタナ (刀)の新車・中古一覧を見る
関連情報
他のバイク王 絶版車試乗記事はこちら

この記事に登録されているタグ

MG_6571_2-72x72.jpg

谷田貝 洋暁 フリーランスライター

投稿者プロフィール

1974年3月12日、千葉県八千代市生まれ。“旅のにおい”のする道具が好きでバイクに限らず、カヌー、山スキーなどでフラフラと出かけるのが趣味。それがこうじて山小屋アルバイトに、北海道の鮭バイ、沖縄での製糖工場など、しばらく“職業旅人”だったが、21世紀になったところで運良くバイク雑誌編集部に拾われ二輪業界へ。女性ライダー向けの『レディスバイク』 、ミドルクラス専門誌『Under400』、ビギナー向けの『タンデムスタイル』などの二輪雑誌の編集長を務めた後、2019年からフリーランスとして活動開始。誰にでもわかりやすい記事を書くことを信条に、二輪媒体に寄稿したバイクレビュー/試乗記事は約1000稿。ただし、ダート要素がちょっと多めだ。

この著者の最新の記事

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る