new

2022新型RC390が春に発売! こいつは最も手軽なリアルMotoGPレプリカ!?

001_edited-.jpg
KTMが新型RC390シリーズを発表し、欧州では試乗会が行われた。そのレポートをお届けする前に、大幅なモデルチェンジを実施したマシンの内容に迫りたい。KTMがMoto3に参戦して10年、そこで得た技術やイメージもフィードバックされている。

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

20210803_bike_search_banner_2x_649_174.png

 

フレーム、ホイール、ブレーキに徹底した軽量化が施され、よりREADY TO RACEに

2014年にデビューしたRC390が2022年型でフルモデルチェンジを実施し、国内では来年春の発売予定となっている。全く新しいスタイルを獲得するとともに、シャーシも新設計となりフレームで1.5kg、ホイール3.4kg、ブレーキで960gの軽量化を達成している。エンジンは、欧州の排出ガス規制であるユーロ5に対応しつつ最大トルクが向上しており(125は不変)、より切れ味鋭い走りが期待できそうだ。

エンジンは、373ccの水冷単気筒DOHC4バルブでエンジンマッピングを変更。従来より40%拡大されたエアボックスにより、全域でスロットルの応答性と加速が改善されている。また、従来型から電子制御スロットルを採用しており、オプションでクイックシフターの装着も可能になっている。新しいマフラーは、MotoGPマシンのRC16をイメージしたデザインで、アルミ製のサイレンサーとステンレスパイプで新設計されたものだ。
002_edited-.jpg▲全く新しいスタイルを獲得した新型RC390。国内発売は2022年春を予定している。欧州ではRC125も同時発表されたが、RC250は登場なし。追って発表されるかどうかは不明だ。
03_edited-.jpg▲従来一体だったシートフレームは別体式になった。フレーム単体で1.5kg軽量化されている。
04_edited-.jpg▲こちらは従来型RC390。フレームから全面刷新されていることが分かる。

電子制御は大幅に進化しており、RC390は3Dセンサー採用によるトラクションコントロールやコーナリングABSを採用している。また、ABSには「スーパーモト」モードがあり、後輪の作動を切ることができる。これは、後輪をスライドさせることができるようになるだけでなく、後輪のリフトアップも許容できようにすることで、前輪の過度なスリップが検出されるまで強力なブレーキングが実現できるモードとなる。

KTMは、2012年より世界グランプリのMoto3クラスに参戦を開始。いきなりホンダとタイトルを争う実力を発揮し、2012、2016、2020年にはチャンピオンを獲得した。2021年も現在ランキングトップを維持しており、タイトル獲得の可能性は高い。その技術をフィードバックしたのが新型RC390で、世界的にライダーの育成や発掘のために開催されているRC390カップのベース車としてもレベルの底上げにアップデートが施されたのだ。
05-.jpg▲LEDヘッドライトはデュークやアドベンチャーシリーズとイメージを統一し、デイタイムライトランニングライト(DRL)も装備した。
06-.jpg▲燃料タンクは従来の10Lから13.7Lに増量されている。デザインはMoto3マシンを元にしたものだ。
07-.jpg▲従来の前後一体風のシートからテールカウル付きのセパレートシートに変更された。
08-.jpg▲フロントブレーキは径320mmのシングルディスク+BYBRE製のラジアルマウントキャリパーを継続。
09-.jpg▲リアブレーキは径230mmディスク+シングルピストンキャリパーを継続。ABSはリアをカットするスーパーモトモードも設定されている。
10-.jpg▲エンジンは排出ガス規制のユーロ5をクリア。マフラーはMotoGPイメージの新デザインに刷新された。
11-.jpg▲マウントとホールド部が一体化されていたステップは、別体にすることで軽量化。
12-.jpg▲フロントフォークに10mmの突き出し変更幅が加えられた。RC390は、テンションとコンプレッションに30段階の減衰力調整ができるようになっている。
13-.jpg▲メーターはTFTカラー液晶を採用。多彩な表示が可能なだけでなく、KTM MY RIDEアプリにも対応している。

2022年型RC390主要諸元

・全長×全幅×全高:ー×ー×ーmm
・ホイールベース:1343mm
・シート高:824mm
・車重:155kg(乾燥)
・エジンン:水冷4ストローク単筒DOHC4バルブ 373cc
・最高出力:43.5PS/900rpm
・最大トルク:3.43㎏-m/7000rpm
・燃料タンク容量:13.7L
・変速機:6速リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=110/70ZR17、R=150/60ZR17
・価格:未定(2022年春発売予定)

RC390:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
RC390のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
RC390の新車・中古車一覧を見る

KTM RC390の価格情報

KTM RC390

KTM RC390

新車 13

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 71.9~72.9万円

72.59万円

諸費用

価格帯 8.62~16.75万円

13.17万円

本体価格

諸費用

本体

49.45万円

価格帯 42.8~69.8万円

諸費用

8.21万円

価格帯 7.11~8.91万円


乗り出し価格

価格帯 80.52~89.65万円

85.77万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

57.67万円

価格帯 49.91~78.71万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る