この子は“最初に出会う旅仲間”? 地球規模の冒険に挑めるニーハンはコレだ!【スズキ Vストローム250SX】

スズキのアドベンチャーモデルであるVストロームシリーズの末弟として2023年8月にリリースされたVストローム250SX
猛禽類のクチバシを連想させるフロントマスクや堂々としたボディワークなど、スズキのアドベンチャーモデルであるVストロームシリーズのエッセンスをしっかりと受け継ぎながら、車検の要らない250㏄クラスに抑えられており、ビギナーからエキスパートライダーまで幅広い層から人気の高い一台です。
今回はそんなVストローム250SXのポイントを詳しく紹介していきたいと思います。

オフ車とロードモデルの良いトコ取り。わがままパッケージはお得感絶大!

Vストローム250SXが発表されたとき、私はビビッときたものですね。なぜならば現在国内販売されている250㏄シングルエンジンを採用したアドベンチャーモデルというのはポッカリと不在になっていたからです。 それに加えて、スズキにはVストローム250という大ヒットモデルがあり、それのモデルチェンジかと思いきや同時併売すると言うのですから興味は膨らむ一方。 “ニーハンのアドベンチャーモデルが欲しいなあ”と思った時に、Vストローム250SXとVストローム250の2台があることに気づいた方は、きっとどちらに手を伸ばせばよいか悩むことでしょう。 なので今回は、Vストローム250SXにフューチャーしつつ、Vストローム250とはどのような違いがあるのかを探っていくことにしましょう。

発進は粘り強く高回転はビュンビュン回る。快楽的シングルエンジン

SUZUKI Vstrom250sx_エンジン

Vストローム250SXでは排気量249cc、SOHCシングルエンジンを採用しています。冷却方式にSOCS(Suzuki Oil Cooling System)つまりエンジンオイルを用いてエンジンを冷やす油冷としており、コンパクトかつ軽量に作られています。
これは基本的にジクサー250に採用されているエンジンと同系統であり、低速域ではしっかりとしたトルクがあり高回転域ではビュンビュンと気持ちの良い吹け上がりを楽しめます。
約1週間に及ぶテスト試乗期間では、街中、高速道路、ワインディングと一般的な使い方で想定されるステージをほとんどこなしましたが、過剰なパワーこそないもの、どのようなシーンでもとても扱いやすいエンジンだというのが印象に残っています。

クラスオーバーのサイジング。これはスズキのお家芸!!

SUZUKI Vstrom250sx_右 SUZUKI Vstrom250sx_左

はっきりいって車格は結構大きいです。2気筒エンジンを搭載しているVストローム250と並べてみても一回り大きいのではないかと思うほどです。そこが良いのです。
車体が大きくなればおのずとライディングポジションも広くなり、ライディング時の自由度が高まります。狭い路地での取り回しとなるとコンパクトな方が、気が楽かもしれませんが、一度走り出してしまえば手足のように扱うことができます。

シート高はやや高め。でも車重が軽いから大丈夫!

SUZUKI Vstrom250sx_足つき正面 SUZUKI Vstrom250sx_足つき側面

アドベンチャーモデル全般的にいえることなのですがシートは高めです。Vストローム250SXのシート高は835mm。テストライダーは身長177㎝、体重70kgで両足の踵が多少浮きます。
これは小柄なライダーだと“足つき性が悪い!”と思うかもしれませんが、オフロード走行を想定し最低地上高を稼いでいるということもあるのです。
なお、スペックシートで装備重量を確認すると164kgでこの数値はVストローム250と比べて27kgも軽量です!!驚くべきことなので復唱しますが27kgも軽いのですよ!!
だから足つきに不安を抱いている方でも、実車に触れてみると、高いアイポイントによる見晴らしの良さや軽量な車体からなるヒラヒラ感に、大きな気持ちよさを得られることでしょう。

オンロードがメインステージ。でも未舗装路でも突っ込める!

SUZUKI Vstrom250sx_林道 SUZUKI Vstrom250sx_フロントホイール

Vストローム250SXはれっきとしたアドベンチャーモデルです。それはフロント19インチ、リア17インチというタイヤの組み合わせからも伝わってきます。
ただし基本はオンロード志向のセッティングになっていると考えてもらっていいと思います。それはフロントがポンポン浮き上がるようなギア比になっていないことや、ストローク量こそ長めであるものの未舗装路に持ち込むとさほど動かないフロントフォークのセッティングなどから分かります。
ただ一方で、本気でオフロードを攻めるようなことを求めていなければ、十分に未舗装路を楽しんで走ることができます。
数日続いた雨の影響でヌルヌルマディ状態になっている場所もセミブロックパターンのタイヤや19、17インチタイヤのおかげでパスできました(後続していたロードバイクは転倒していました)。
だからこそ日常的に使うことをベースとして、未舗装路を使ったロングツーリングや自然の中でバイクキャンプを楽しみたいと考えている欲張りライダーさんにはもってこいなのです。

満載のタフギア感もお見逃しなく!!

SUZUKI Vstrom250sx_リヤキャリア SUZUKI Vstrom250sx_USBポート
SUZUKI Vstrom250sx_ナックルガード SUZUKI Vstrom250sx_メーター

フロントセクションのサイドに備わるUSBポートや、フラットかつ面積が広く、大きな荷物でも積載できるキャリアなどが標準装備されており、“冒険心”に火をつけてくれます。
ナックルガードも嬉しい装備。林道などを走行していると木の枝が当たることなどもありますし、スタイリング的にもワイルドな雰囲気を助長してくれています。
そうそうメーターディスプレイ内に電圧計表示があるのも嬉しいもので、Vストローム250SXでこれらの装備からクロカン四駆的なタフギア感を満喫できます。

車両本体価格56万9800円。これはかなりお買い得!?

SUZUKI Vstrom250sx

Vストローム250SXの車両本体価格は56万9800円となっています。一方兄弟車でありつつライバル視されているVストローム250は66万8800円なので約10万円もの差があります。
それではどちらを選べばよいのかという話になるかと思いますが、キャンプをはじめアウトドアレジャー的な使い道を考えているのであれば、オフロード走破性能や傷のひとつやふたつも勲章に思えるVストローム250SXがお薦め。
一方で高速道路などを使い坦々と走り続けるようなロングツーリングを想定しているならば安定感のあるVストローム250を選ぶと良いでしょう。
何にせよ両車はスタイリングからして似ていますし『Vストローム』というイニシャルも同じなのですが、乗ってみるとキャラクターが大きく異なることが分かります。

ライバル候補はVストローム250と250 ADVENTUREあたりか!?

もはやVストローム250はスズキの販売店に行って、Vストローム250SXと乗り比べてみるのが最良の手段ですね。価格や装備、取り回しなど、なぜ両車が併売されているかが分かることと思います。
250㏄クラスのアドベンチャーモデルにはKTMの250 ADVENTUREがあったのですが、現在新車販売されていません。キャラクター的にはVストローム250SXと似ているので、もし中古で良い出物が見つかればライバル候補に挙げても良いでしょう。

V-STROM250SX[2024]主要諸元

  • 全長×全幅×全高:2,180×800×1,355mm
  • ホイールベース:1,440mm
  • シート高:835mm
  • 車重:164kg
  • エンジン:油冷4ストローク単気筒SOHC 249cc
  • 最高出力:26PS(19kW)/9,300rpm
  • 最大トルク:22Nm/7,300rpm
  • 燃料タンク容量:12L
  • 変速機:6速
  • ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
  • タイヤ:F=100/90-19、R=140/70-17
  • 価格:56万9800円

ウェビックバイク選びでバイクを探す この他のモトガイドを読む

この記事にいいねする

おすすめの記事